top of page
  • ITO SMO

先輩の声 大津留博さん

Q:伊豆での暮らし、教えてください。

A:半林業×半エンジニアの大津留博さんにお伺いしました。


●お話してくれた先輩


大津留博さん


◎職業:システムエンジニア&地域おこし協力隊

◎出身:大分県宇佐市

◎移住時の年齢:40代

◎移住の時期:2020年

◎移住場所:伊豆高原

●移住のきっかけは?

元々、自然豊かな所で育ったこともあり、田舎が好きです。しかし、東京で暮らしていると、なかなか自然と触れ合うことが出来ませんでした。システムエンジニアとして仕事をしていましたが、新型コロナの影響でテレワークになりました。それを機に地方移住が現実的になりました。


●伊東市を選んだ理由は?

東京へ遠すぎず、自然が豊かな場所を探していたところ、伊東市に移住していた友人から「市が「地域おこし協力隊」の募集をしている。」との話を聞いたので、応募しました。

●現在の生活についてはいかがですか?

仕事は、フリーのシステムエンジニアとしてリモートワークをしつつ、地域おこし協力隊として伊東市の森林再生と環境保全に関っています。休日には、登山やトレイルランニングや描画の趣味を楽しんでいます。


(取材:濱崎 雄介 2021年3月)


最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page